2007年07月18日

商売の秘訣!?〜問題編〜

最近、「基本にカエル英語の本」関係の仕事で忙しいのですが・・英語関係で、商売に通じるものを1つ見つけました。

少し前に、近所の書店で、ある本を見かけました。

この本には、「英文」と「その訳」しか掲載されていませんでした。しかも中学レベルの英文です。いわば、解説がない中学レベルの英作文の練習問題といったところでしょうか。なので、そのときは、「なんて、手を抜いた本なのだろう。こんな本、売れるはずがない」と思っていたのですが・・・

実は、この本、売れているのだそうです。

しかも、amazonのレビューを見ていると、購入者層は、「TOIECで高得点を取得している」人たちのようなのです。

■中学レベルの英作文の練習問題(しかも、日本語と英文がひたすら掲載されている手抜き!?の本。解説なし)
■本の売れ行きは好調
■購入しているのは「英語が得意な人たち」

普通に考えれば、中学レベルの本を買うのは「英語が苦手な人」ですよね。しかも、普通に考えれば、「手を抜いた本」は売れないはずです。でも、売れているのだそうです。

なぜ、このような不思議な現象が起きていると思いますか?

答えは次回に。

■「年収1000万円超」の「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.3冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書 もっと人とお金が集まるブログの秘伝書 ネットで稼ぐ発想術
4.年収1200万円(2006年。会社のヘボイ利益をあわせる)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。