2004年10月04日

違法な商品のアフィリエイトについて

違法な商品を紹介したら、どうなるのでしょうか。
危ないものに手を出さない方がいいですよー

大手の広告会社にも「違法」に近い、というより、限りなく「黒」に近い商品の広告があります。ましてや、小規模の広告会社などでは、限りなく「黒」に近い商品の広告が多数あります。

アフィリエイトで、このような限りなく「黒」に近い商品の広告をはると、罪に問われることはあるのでしょうか?また、そのような商品を斡旋している広告会社は罪に問われることはあるのでしょうか?

「やばそうな広告は、はらなければいいじゃん」と言われると、それまでなのですが、個人的に気になっています。もし知っている方がいれば、教えてください!


■個人的な見解
アフィリエイトは税法上、一般の小売の店と同じような扱いだということを聞いたことがあります(何かの本で見たことがある程度の記憶なので、間違っているかもしれません)。

違法なものを販売している小売店の経営者は捕まりますよね?

もし税法以外でも、アフィリエイトが一般の小売と同じ扱いだとすれば「違法品」を販売しているアフィリエイトサイトの運営者も捕まるってことじゃないでしょうか?

法律的に言うと、アフィリエイトをしている人が、「善意・無重過失」なら無罪、それ以外なら有罪って感じなんでしょうかね〜


といっても、明らかに違法なものは広告会社で弾くので、「グレー」地帯の商品が問題になるんじゃないでしょうか。そうなると、微妙ですよね〜

例えば「無料で見放題のケーブルテレビチューナー」とか、どうなんでしょうかね〜

もし、販売元が損害賠償責任を負うような事態になれば、その広告を宣伝したアフィリエイトしている人たちにも、損害賠償責任を負うのでしょうか。

また、その商品の広告を斡旋した広告会社も損害賠償責任を負うのでしょうか。

「行列ができる法律相談」にでもメール出してみましょうかね〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27327722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。