2005年01月13日

文章って怖いですよね・・・アクセスアップの話

文章って怖いですよね・・・

かなり以前、メインのサイトの読者から、ある指摘をしていただきました。
「韓国ドラマではなくて、正しくは韓流ドラマです」という感じの「誤字」の指摘です。

普通の誤字ならお礼を言って終わりだったのですが・・・

実は、「誤字」と指摘された言葉は、必ずしも間違えでもないんですよね。一部の人や業者は使っていますし。

ということで、私は、検索エンジン対策に「故意に」、この言葉を使っていたのですよね・・・

そこで、その読者に、正直に「一部の人や業者は、その言葉を使っていること、検索エンジン対策ということでその言葉を使っていること」と書いてメールを出したのですが・・・

私のメールを読んでいないのか、引き続き、辛らつなバッシングっぽいメールが返信されてきました。

そもそも私は喧嘩をするつもりもないので(そもそもネットでの喧嘩は馬鹿らしいので)、無視しようかなとも思いましたが・・・

読者と名乗っていたので、無視するのも悪いかなと思い「前回、こちらの意図を書きましたが、メールを読んでいただけたでしょうか。ひょっとして喧嘩が目的なのですか。」という感じのメールを出しました。

すると、相手の方から「喧嘩をふっかけたつもりはなかったのですが・・・」というメールが。どうやら、相手の方は、全く悪意なく普通に自分の意見を書いていたようです。

私には、そう感じられませんでしたが・・・


普通に話せば、表情や、その人の人柄で、キツイ言葉もキツク感じなかったりするものですが、メールなどの文章だと、その人の表情や人柄がわからない分、普段よりキツク感じられることもあるんですよね。

文章にするときは、出来るだけ気をつけないといけないなーと感じた出来事でした。


ところで、検索エンジン対策に「誤字」というのは、意外に効果が高いんですよね。
旧アドレスの話ですが、「ド」を「ト」に打ち間違えて「トラゴンクエスト」になっている部分があったようです。

アクセス解析を見てみると・・・

1日に3件くらい「トラゴンクエスト」経由のアクセス数があるんですよね。
★)今、は旧アドレスのアクセス解析を見ていないので、どの程度アクセス数があるかわかりません。

情報を提供している以上、出来るだけ正確な情報を提供していく必要があり、誤字なんて、とんでもないと思う方も多いと思いますが、誤字でアクセス数が上がることもあるんですよね・・・

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。