2005年01月05日

メルマガ発行を長期間続ける為の秘訣

メインのメールマガジンを発行して、1年半くらいになるでしょうか。
このように長期間、続けてこれたのは、「ある秘訣」がある為です。

どのような秘訣かというと・・・

秘訣ってほどでもないのですが・・・

「毎回、同じようなネタを書ける内容にする」
つまり「メルマガに、出来るだけ労力をかけないこと」、これに尽きます。


例えていうなら、「今日は何の日?」のような感じの内容にすることです。
※)「今日は何の日?」という感じのメールマガジンは、実際に存在しますが、私とは一切関係ないのであしからず・・・

つまり、ネタ調べさえすれば、後は、1年でも2年でも同じような内容を書いて行けばいい内容にするのです。もっと大げさに例えると、定型文を1年分書けば、後はその定型文を使いまわしていくだけのような感じの内容にするのです。
※)もちろんメインのメールマガジンはここまで手を抜いていませんので、あしからず・・・


確かにこのような内容にすれば、解除率は高く、読者数を常に集めないといけない運命になってしまいます。

しかし・・・


そもそも、私がメインのメールマガジンを発行したのは、ズバリ、1.メインのサイトの補助、2.メインのサイトへの集客、3.広告収入の3点です。


■1と2について
解除率が高くても、メールマガジンに「何回かメールマガジンを読んでもらって、サイトへ誘導する」という役割さえ果たしてもらえば、それでいいわけです。大げさに言うと、登録してもらえなくても、1回バックナンバーを読んでもらって、メインのサイトに誘導できれば、それでいいのです。


■3について
3についてはどうでしょうか。
常にネットで購入する人っているのでしょうか?
しかも、毎回自分のメルマガで紹介する物品を購入してくれる人っているのでしょうか?

やはり、解除率が高くても、メルマガには「数回、読んでもらって物品を購入してもらう」という役割さえ果たしてもらえば、それでいいわけです。



つまり、「解除率が高くても、発行の手間を少なくすること」が、結局は、有効な手だということです。


ただ、解除率が高いと1つだけ問題点があります。
それは、「独自広告」です。
独自広告では、「部数×0.3〜1円」の報酬が相場です。
部数が多いほど報酬が多いんですよね。


■ちなみに・・・
上記のように書きましたが、メインのメルマガは私が思っていた以上に解除率が低いです。
私は出来るだけ手を抜いて書こうとしていますが、それでも読んでもらえる読者もいるんですね・・・有り難いことです。


■ちなみに・・・
自分を含めて、事前に考えて発行する人はいないかと思いますが・・・
というより、今後、更に1つメルマガを発行しようかと考えているのですが、その際に、自分で気をつけようと思っていることです。

1.まずは「メルマガで何をしたいのか」を考える。
短期間、自分の書きたい事を書いて終わりという人もいますし、メインのサイト・ブログのアクセスアップに役立てたいという人もいますし、広告収入が目的の人もいます。
まずは、どのようなターゲットに何を訴えて、どういった効果を望むのかを考えればいいかと思います。

2.長期間続けるつもりなら、そのネタ2年以上発行し続けることができるのか」を考える必要があります。

今回は走り書きのような感じなので、今度メルマガを発行する際は、もっとつめると思いますが・・・


■というより・・・ 「すべて暴露!パソコン知識0でも月間20万円以上!」のようにノウハウ系のメールマガジンって発行を続けていくのは大変なんですよね・・・

発行回数を増加させた方が読者数を増加させやすいのですが、発行回数を増加させると、ネタが尽きてしまいそうで・・・

実際、ヤフオク系のメルマガを購読したことがあるのですが、最近、全く配信されなくなっているようです。
前回の発行時は「半年ぶりです」なんてありましたしね(笑)

そうならないように、ネタを貯めていますが・・・

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

posted by pugu21 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ メルマガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27326268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。