2005年03月31日

売れるパターンは決まっている!?パート2

前回の続きです。
売れるパターンは決まっている!?

前回は、「以下のように怪しい在宅系と同じ形式だと、クリック無しに本文を読んでもらえるので、購入につながる確率が高いのでは!?」と書きました。もっと言うなら、「以下のような形式だと、一見さんを確実に購入につなげる仕組みがあるのでは?」ということを書きました。

前.gif

でも、実際は、この形式では、確かに一見さんを、購入につなげる率が高くなるかと思いますが、「1.リピーターには見辛い傾向がある」、「2.テーマを絞らずに多数の商品を扱うショッピングモール型のサイトを作成したい場合は向かない」という2つの「穴」があるかと思います。


■1■リピーターには見辛い傾向がある
ナビをつけていますが、リピーターにとっては以下のような項目だけのサイトの方が見やすいです。

後.gif

リピーターの少ないサイトは人気サイトになり辛く、売上が頭打ちする可能性が高いです。つまり、上記の在宅系と同じ形式は、一度だけ物を売る仕組みに向いているのでしょう。または電脳卸のように購入したユーザーさんを囲う仕組みがある広告会社を使う場合には有効なのでしょう。またはメ・・・

メ・・・って何だ?何なんだー!!と思われた方は・・・「人気ブログランキングのアフィリエイト部門」を見てください(笑)きっと答えが見つかるはず!?


■2■テーマを絞らないサイトには向かない
怪しい在宅系の形式は、テーマを絞って、ターゲットを絞って・・・というのに向いています。
つまり、逆を言えば、ターゲットを絞っていないサイトには向かないということです。つまり、必然的に、紹介する商品郡が限られ単一のサイトで月間100万円という莫大な額は稼ぎにくくなるかと思います。


■ということは・・・
ということは、「あれをこうして、あれもこうすればいい」かと思います(笑)

あれって何だ?こうするってどうするんだーーー?と思われた方は・・・「人気ブログランキングのアフィリエイト部門」を見てください(笑)きっと答えが見つかるはずです。特に「あのブログ」では・・・


このようにトップページ1つでも、人の心理を捕まえたら、同じ商品を売っても、同じ文章でも、売り上げを上げることができるんですね。メルマガでも書きましたが、結局は、サイト、ブログ、メルマガ運営は、人の心をうまく捉えた人が勝つんでしょうね。ということは、成功するパターン(特にトップページの構成)は、1つではなくて、様々な「狙い」「ターゲット」にあわせて、柔軟に変えていくことがいいんですよね。ネットでもリアル社会でも中には「人望」「キャラ」で物を売る人もいますしね。

ちなみに、今週号のメルマガにも書きましたが、「サイトの診断」をしてくれる人がいますが、「この分野なら、どういったターゲット層の購買欲が高いので、どういうキーワードをメインに持ってきて、こういうサイト構成にすればいいはず」「なので、あなたのサイトはここを直して・・・」のように言及してくれるんでしょうかね〜

もし、そこまで教えてくれるなら、お金を払ってでも、診断してもらいたいんですよね。

逆に、「(自分がある分野で成功したので)自分と同じようなサイト構成にすべき」と決め付ける診断だと辛いですが・・・
または「広告はこういうように配置すると効果があるよ」というのでも、既に知っているので私には辛いのですが・・・

最近、サイト診断したくて仕方がない私です(笑)

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。