2005年03月26日

携帯サイト、QRコードの利用方法

実は、携帯サイトも1つだけですが運営しています(現在、放置中)。
しかも、携帯用メールマガジンも発行しています(現在、放置中)。

携帯サイトはYahooモバイルに何の苦労もなく登録され、携帯用メールマガジンも、これまた何の苦労もなく、読者数1000人くらいになっています。携帯サイトは別のカテゴリにも登録されていたような・・・

でも・・・

携帯サイト、携帯用メールマガジンって難しいんですよね。

■1■情報量が限られる、機種間・会社間の規格が違う
携帯サイト、携帯用メールマガジンは作成するのが楽ですが、その分、情報量が限られます。パソコンのように文章で勝負することができないわけです。しかも、画像を使う時に「この機種だと表示されるけど、この機種だと駄目」「この会社の携帯だと表示されない」などのように、かなりややこしいです。一時期、画像を使おうとして色々調べたことがあるのですが、ややこしくて諦めました(笑)


■2■ターゲットが絞られる
よく若者・学生をターゲットにしたサイトは儲かりにくいと言われています。というのも、若者・学生には支払い能力がないためです。

携帯電話をよく使うのは・・・
若者・学生です。

支払い能力のない(または低い)若者をターゲットにしても儲かりそうなものは・・・
出会い系、着メロ、ゲーム、壁紙くらいでしょうか。

うーん。
私には出来そうもありません・・・

また最近、物販で、携帯サイト市場が大きくなっているという話もあるそうですが、それは「企業レベル」の話でしょうね。

駅などで大きくQRコードを出したりしていると、思わずアクセスしてしまう人がいるでしょう。今はどうだか知りませんが、一時期、バイト情報の企業が、マクド(マック?)の敷き紙にQRコードの広告を出したりもしていました。思わずアクセスした人もいたでしょう。しかも、そのまま購入・サービスの利用につながったかもしれません。

しかし、これは「企業」なので出来る技なんですよね。
信頼性があるからこそ、携帯サイトというショボイ画面でも購入につながるのでしょうし、ネット界の数倍の広告料がかかる実世界にて広告したからこそ売れているんでしょう。個人では雑誌・駅などで広告できないですよね・・・お金があっても普通は断られます。もっというなら、生活に密着している携帯だからこそ、生活に密着した広告を使わないといけないので、コストがかかるということでしょうね。


■3■詐欺が横行している
携帯メール詐欺が横行していますし、実は広告会社の中にも詐欺広告会社・詐欺広告もあるんですよね。かなり前に書いたかもしれませんが、広告会社がいきなり消えたこともありました・・・


■4■アクセスアップが難しいこと
これが一番ネックでしょうね。

パソコンには「検索エンジン」があります。つまり検索エンジン対策をしていれば、どのようなサイトでも人が来る可能性があるわけです。またパソコンには「Yahooカテゴリという皆が集まる場所」もあります。Yahooカテゴリに登録されれば、掲載される場所にもよりますが、ものすごい集客効果があります。

しかし、携帯サイトには、検索エンジンもなければ(実際はありますが、Yahoo、Googleのような「カリスマ」サイトはない)、Yahooカテゴリのような皆が集まる場所もないんですよね。各携帯電話会社が用意しているメインメニューは集客力がありますが、確かメインメニューって企業しか入れなかったはずです。

また携帯電話のアクセスアップ方法として、メルマガもあるのですが、そもそも携帯用のメルマガに登録する人の多くは恐らくパソコン経由で申し込むのではないでしょうか。実際、私のパソコン用のメールマガジンと、5万人くらいの携帯用メールマガジンと相互紹介したことがあるのですが、結構、読者数が増加しました。ならば、パソコン用のサイトで勝負することもできるわけです。

人気ランキングもアクセスアップに有効だといわれますが、今はどうだかわかりませんが、人気ランキングって「着メロ」「壁紙」「ゲーム」にアクセスが一点集中していたような記憶があります。つまり、人気ランキングに参加しても特定のサイトしかアクセスが集まりにくいということでしょうね。

やっぱり携帯サイトよりパソコン・サイトでアフィリエイトだ!と思った人も、いやいや携帯サイトの方がいいよと思った人も・・・人気ブログランキングのアフィリエイト部門のブログを読んでみてください。かなり役立つブログが多数ありますよ。

■つまり・・・
携帯サイトでは、儲かる分野が、かなり限られているということです。パソコンのようにニッチな分野を発掘したり、自分の得意の分野で勝負して儲けることができないわけです。しかも、本当に儲かる分野には企業がいます。

今のところ儲けるには、ゲーム、壁紙を作成したり、出会い系を作ることくらいでしょうか。実際、携帯電話で儲けたという人の暴露話を読むと、この3つのいずれかでしたしね。でも、壁紙を作るには企業間の規格の違いを調べたりしないといけないですし、ゲームはプログラムを書けないと駄目ですよね。知識が必要です。また、出会い系で儲けた人って、中には地道に儲けた人もいるでしょうが、大半は迷惑メールや掲示板の書き込みなどの迷惑行為をした人でしょうしね。

中々、厳しそうです。

有名企業の広告を集めた物販サイトを作る手もありますが、パソコンでさえ、物販サイトはアクセスアップが難しいです。
しかも、「画像を大きくする」「体験談を書く」などの「容量」をかけないと売れないといわれていますが、「つなぎ放題」のプランを使っている読者なんて、そんなにいないのではないでしょうしね。携帯サイトを安く見る方法として、画像のダウンロード中に中断するというテクニックが浸透している?ので、画像を取り込んでくれない可能性もあります。


■否定的なことばかり書きましたが・・・
でも、要は「使いこなすかどうか」です。

女子高生をターゲットに、確か恋愛物の携帯用メールマガジンを発行して、渋谷でポケットティッシュを配りまくり、出版化して莫大に儲けた人もいます(かなり昔の話なので、正確な話は忘れました)。つまりこの人は「ビラで見込み客を捕まえる→携帯に誘導してコンテンツを見せる→人気が出る→本を売って儲ける」という手法を使って儲けたわけです。

携帯電話の話ではありませんが、もはや見もせずにゴミ箱に直行のチラシですが、「お年玉袋」の中にビラを入れて配っている人もいました。「何だ?」と思って思わず開いたら、エロ関係のビラで激怒しましたが(笑)、面白い広告手法ですよね。ちなみに、お年玉袋はコストがかかるので、ちょっと馬鹿げた方法ですが。

携帯電話はパソコンとは違って、生活と密着しているので、今まで誰も思いつかなかった方法・アイデアを使えば、ひょっとして莫大に儲けることができるかもしれません。

QRコードを取り込める携帯電話はまだ普及し切っているとはいえませんが、「携帯アフィリエイトバイブルさんをキッカケに無料でQRコードを作る方法も知りました。

あとは、「アイデア」だけです。

長らく携帯関係から遠のいていましたが、QRコードをキッカケに何か面白いことをしたくなってしまいました。

といっても、個人名刺を作って、QRコードに「これは絶対見ないでください!」と書いて、名刺を配ることくらいしかアイデアが浮かばないんですよね(笑)ちなみに、そのQRコードからアクセスすると、アフィリエイト広告とか、6月発売予定の本の紹介があるサイトにつながるというツマラナイ、アイデアなんですけどね(笑)

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

posted by pugu21 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。