2005年04月04日

書籍化のキッカケ

6月頃に「儲かる系」の本を出すかもしれません。
※)常連さん、何度も書いて、クドくてスイマセン・・・

全くの無名、かつ出版会社にコネすらない私が、「何故、本を出すことができるの?」と思いますよね。

この記事では、それをぶっちゃけちゃいます。

書籍化できた理由は・・・

「運」です。
「役に立たねぇ〜」なんて思わないでくださいね〜

書籍化には、「運」だけではない、ちょっとした「裏事情」があるようです。

長くなりますので、まずは「人気ブログランキング」への投票お願いします!INが増えれば増えるほど色々なことを暴露していきます!
「人気ブログランキング」ここをクリックするだけで投票できます。


■そもそものキッカケ
そもそも、書籍化が目的で、このブログのような「儲ける系」の分野を始めたわけではないんですよね。こんな感じの理由で始めました。

なので、「儲かる系」では、ホームページ、ブログ、メルマガの3つで運営しているというわけです。

3つを運営すると、当然「露出度」が高まります。その結果、編集の方の目に留まったのでしょう。そして、執筆依頼が来たのでしょう。

というより、編集の方の目に留まるなんて、ホームページ・ブログでは「莫大なアクセス数」があって、しかもメルマガの「読者数も半端な数ではない」んじゃないの?と思いますよね。

でも・・・・

そろそろ「人気ブログランキング」への投票したくなりました?(笑)
「人気ブログランキング」ここをクリックするだけで投票できます。

■アクセス数、読者数と書籍化の関係1
私がネットをしている目的は、イヤラシイですが「儲けること」です。

確かに、情報商材という名のPDFファイルを作成して、数万円で販売すれば、ウハウハに儲かったのかもしれません。でも、人の道を外れたくなかったんですよね。なので、この「儲かる系」では、情報垂れ流しの、低収入の、まさにボランティア状態になっていました。

つまり、元々、「儲けること」に興味がある私には、馬鹿らしくなってきたわけです。そうなると必然的に、アクセスアップや、メルマガ読者獲得に手を抜いていていったわけです。実際、メルマガは、今の段階でも、1600名前後という弱小のメルマガです。

「もう辞めようかな〜」と思っていた時に、執筆依頼が来ました。

長々と書きましたが、1600の程度の読者数でも、執筆依頼が来たわけです。


■アクセス数、読者数と書籍化の関係2
私のメインとするメールマガジンは、そろそろ2年になります。しかも1万部近くあります。でも、全く書籍化の話は来ません。一度、出版会社にメールを出したこともあるのですが、すべて却下されました。当時は1万部でもまだ少ないのかな〜と思っていましたが・・・

別の人の話ですが、1500名くらいのメルマガや、長期間発行していて読者数5000人くらいのメルマガは書籍化の話が来ているそうです。私も1600部程度で執筆依頼が来ました。

読者数は関係なさそうですよね。


■つまり・・・
書籍化になるのは・・・
1.ある程度の露出度があること
2.出版会社が出そうと思っている本と、自分のメルマガなり、ブログなりが、偶然、同じ分野
3.編集の方が、過去のバックナンバーや記事を読んで、いけそうだな〜と思うこと

・・・の3点でしょうね。
つまり、分野を狙えば、出版化できるかもしれません。運も必要ですが。

または、ライブドアブログで出版化された本のように、読み物として面白くて、人気があれば出版化できるようです。もしくはコンテンツが良いとか。こっちは狙いたくても狙えませんよね(笑)


■他の出版化の可能性
自力で「読者の支持」を集めて出版化する方法もあります。ブログランキングで上位にいけば、簡単に出版化できるかもしれませんよ。
詳しい情報は以下にて。
http://www.pugu8.com/no52.htm

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27325017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。