2005年05月02日

本の執筆は得られるものの方が多い!

ここ最近、家に閉じこもっています。
出かけたのは、夕飯に焼肉を食べにいっただけ・・・

それだけ、本の原稿に追われています。

ちょっと辛い気もしますが、本の原稿を書いていて、色々なことに気がつきました。

1.心底頑張るということ
今まで、自分自身、ここまで一生懸命に頑張ったことはなかったような気がします。受験ですら、ここまで時間を割かなかったでしょう。

つまり、今までの私は、ある意味、サボっていたのでしょうね。本の締め切りで追い込まれているのは、ここ1〜2週間の間と短期ですが、人間やればできるということに気が付かされました。


2.「読んでもらう」ということ
アクセス解析をキッチリ見たことがある人ならわかるかと思いますが、ほとんどの人が一見さんです。その一見さんをどのようにして、濃度の濃い読者に変えるのかが、大切になってきます。

本も同じです。星の数ほどある本の中で、まずは選んでもらって、そして、購入してもらうことが必要になってきます。出版会社には、立ち読みさんをどのようにひきつけて、どのようにすれば、買ってもらうのかのノウハウがあるのでしょう。本の執筆を通じて、「読んでもらうにはどうすればいいのか」を色々なことを気が付かせていただきました。

アクセスアップには、人気ブログランキング!

3.便利なツール
心の逃避で、普段見ないサイトも色々見ました。お陰で色々なツールを知ることが出来ました。


4.自分自身が自分自身を育てる!?
誰かに物を教えると、自分自身も上達するというのは、有名な話ですよね。

本を書いていると、まさにその状態です。何となく頭の中にあるノウハウを、ハッキリとした形にするわけなので、自然に色々なノウハウを論理立てて整理していっています。この本を通じて、自分自身が一番、パワーアップしたような気がします。


執筆は、仕事ですし、締め切りだけは動かせないようですので(といっても、締め切りで迷惑をかけていますが)、ちょっと辛いな〜とか、この労力をサイトに費やした方が儲かるよと思ったりもしますが、色々、身に付いているんですね。

というより、出版会社は、やはり「プロ」ですね。指摘してくること、すべて理にかなっています。普通の人と、見るところが違います。編集の人がサイト診断とかしていると、お願いするかも・・・

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。