2005年06月24日

次はシュミレーション

分野の選定が終われば、次はどの分野に参入すべきなのかを、大手のサイトを参考にシュミレーションを行って決定します。まさに経営学でいう「意思決定」です。
★)多分、A型の人向けの話です(笑)

例えば、A、B、Cの3つの分野に注目したとします。

人気ブログランキング

■分野A:「節約系」などの正統派コンテンツ型のサイト

大手サイトの1日のアクセス数が、その分野の「最大アクセス数」でしょうね。
新規参入しても、分野や、どのように参入したのかによりますが、多分、10%くらいしか取れないでしょう。
★)うまく参入しないと、10%も厳しいこともあります。


分野Aでは大手サイトのアクセス数が1日5000あったとします。
すると、自分のサイトのアクセス数は、5000×10%で、1日500アクセス数くらいでしょうか。

クリック報酬型広告は2%、成果報酬型広告を0.5%とするなら・・・

クリック型報酬:500×2%×単価70円=10クリック×70円=700円
成果報酬型広告:500×0.5%×単価200円=500円

つまり、分野Aでは、一ヶ月で、大体3万6千円くらいになると予測されます。

そこに大型の突発的な収入も考えると・・・
1ヶ月、15000アクセス数×0.01%=約2件

2件×単価2000円=4000円

つまり、この分野Aのトータルの収入は1ヶ月4万円くらいだと予測できます。


■分野B:物販型のサイト

これは軽いものはやったことがあるのですが、本格的にやったことはありません。多分、以下のような感じでしょう。

・5万ページ作成
・SEO対策をして、平均、1ページ当り、1日2アクセス数くらいかける

・・・つまり、1日10万アクセス数でしょうか。

クリック報酬型広告は0.1%、成果報酬型広告を0.01%とするなら・・・

クリック型報酬:10万アクセス数×0.1%×単価70円=7000円
成果報酬型広告:10万アクセス数×0.01%×単価100円=1000円

そこに突発的な収入を考えると・・・

1ヶ月、0.001%とすると、30件。30×2000円=6万円


つまり、分野Bのトータルの収入は1ヶ月30万円になります。

人気ブログランキング

■分野C:H系

大手のサイトのアクセス数を1日2万とすると、自分のサイトは1日2000アクセス数くらいでしょうか。
経験がないので、成果報酬型広告は、適当に0.5%とします。

クリック型報酬:無し
成果報酬型広告:2000×0.5%×単価1000円=1万円

これに突発的な収入を加えます。ちょっと確率を上げました。
1ヶ月、6万アクセス数×0.5%=6件

6件×単価3000円=1万8000円


つまり、この分野Cでは、1ヶ月32万円の報酬が予測されるわけです。


■ジャッジメント1

明らかに分野B、Cの方が美味しいですよね。なので、分野B、Cにしようかな〜と思うのは、まだ早いですよ。「労力」を計算に入れなければなりません。

ちなみに、「広告の単価」は、「大手サイト」で派手に広告されている広告の単価を参考にしてください。多分、それがエースの広告なので。

難しいのが、クリック率や報酬の発生率でしょうか。ここを間違えると、予測はすべて無駄になってしまいます。特に「利率」が高い商品は、率が極端に下がるので、クリック率や成約率はかなり抑えておいた方がいいでしょうね。といっても、ここは「経験」が物を言いますが。


ちなみに、物販はこれは「かつて」の数字です。また成功した人の数字です。多分、物販は終わるでしょう。

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

posted by pugu21 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。