2005年07月06日

取材・執筆依頼が来たら・・・

昨日、取材依頼のメールが来ました。執筆のキッカケも1通のメールでした。

人気ブログランキング

ある日、いきなり「取材させて欲しい」「執筆して欲しい」というメールが来るんですよ?

かなり怪しいですよね〜

でも、怪しいと思って、そのままにしていれば、せっかくのチャンスを逃すことになります。そこで、怪しいかどうか判断するコツを紹介します。紹介するほど重要なコツでもないんですけどね(笑)


■メールアドレスを見よう!
例えば、「@mail.goo.ne.jp」などの「@」の後ろ側を見るんです。企業は独自ドメインをとっているので、「@」の後ろは企業の名前になっていることが多いんですよね。ここが企業の名前であれば信用度は高くなります。メールアドレスを偽ることもできますが、メールアドレスを偽ってまで、騙そうとする人もいませんしね。

もし、企業の名前になっていない場合は、企業のホームページも見てみます。お問い合わせなどにあるメールアドレスと「@」以下の部分が同じであればOKですが、もし違っていれば、例えば「@mail.goo.ne.jp」で検索をかけます。これで出てこなければ、もう駄目ですね。


■費用が発生するか否か
お金を請求するものでなければ、詐欺をしても意味がありません。お金がかかるようであれば、やめましょう。取材や執筆で、お金を請求すること自体おかしいんですけどね。


■ちなみに・・・
今回の取材は、私に関係のなさそうな内容だったので、多分、白紙になるでしょうね。今回のキッカケは、このブログのようです。

どうでもいいことですが、本でブログを紹介しなければならなくて、掲載依頼を出したのですが、1つだけ無視されました。フリーアドレスで送ったのが、怪しかったんでしょうね(笑)

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。