2005年09月01日

ニッチが成功の要因って・・・

よく、「ニッチを狙え!」なんていいますけど・・・

人気ブログランキング

■ニッチ分野の否定的な意見1
ニッチで大金持ちになった人っているんですかね?斉藤一人さんって「健康分野」ですよね。思いっきりメジャーです。

本当のところは・・・

(メジャーな分野で成功した人の数)>>>>>(ニッチな分野で成功した人の数)

・・・じゃないでしょうかね。数的には、極わずかなニッチ分野の成功者を見つけてきて、「ニッチだから成功したんだ!」って取り上げているだけじゃないでしょうかね。そちらの方がニュース的に面白いですし。


■ニッチ分野の否定的な意見2
よく「ニッチを狙え」といわれていますが、「ニッチ=市場規模が小さい」ということを忘れている人が多いような気がします。だからこそ、隙間産業なわけで・・・

競争が少ない分、パイが小さいというのは自明の理なのに、そこにひょっとして、大きなパイがあるかもって幻想を抱いているだけのような気がします。

嘘だと思うなら、パイが大きいアダルト分野と、パイが小さい熱帯魚ブログを「真面目に」作成してみてください。アダルトは、すぐにアクセスアップしますが(笑)、熱帯魚では、なかなかアクセスアップしませんので。

というより、実際、増刷ファイルを実験しているのですが、ほとんど手間をかけずに、1日150ユニーク数までいきましたしね。実際に作業している様子を見ると、一生懸命、ブログを運営している人は、多分、怒りますよ(笑)。それほど手間をかけていません。でもアクセスアップするんですよね。なぜなら、分母が大きいテーマを扱っている為です(それ以外にも要因がありますけど)。

・・・多くの方が狙っているのは、月収数十万円以上ですよね?
この額を、マイナーな分野で得ている人っているんでしょうかね??

私はいないと思いますが。


■ニッチ分野の肯定的な意見
競争がない分、初心者には向いているかもしれませんね。

競争が激しい分野(特にお金に直結する分野)って、多くの人が、「よくこんなの考え付くな〜」ってことまでしていますしね。ニッチな分野だと、競争がない分、小さな額を着実に得ることができます。集客のノウハウをつかんでいないうちに、初心者が、競争の激しい・かつ競合の大きい分野に参入すると挫折するのは目に見えていますし。

・・・競争が激しくて、かつ競合の多い分野って?

物販のことですよ。もちろん、楽天は除いて。楽天は利率が低いし、ポイントだし、しても仕方がないですしね。

どこかで、丸1日作業して、月収15万円の人がいるって書いていましたけど・・・。これじゃ、バイトした方がいいですよね・・・。このブログと、リンクをつなげているサイトは失敗しているので、人のことは言えませんけど(笑)。メルマガも読者数2000人ぽっきりしかいませんし(笑)


■結局
初心者のうちは、ニッチで攻めて小額でも収入を得るようにして、コツをつかめば、メジャーなところで勝負するってのが、堅実のような気がします。集客力のある、もしくは売上のあるサイトが、何故成功しているのか分析できるようになるまでは(そのくらいの知識がつくようになるまでは)、ニッチで攻めればいいかと。

上達しても、メジャーの中のニッチなところ・・・つまりターゲット層を変えるといいかと。

■ちなみに・・・
「コンテンツ重視」「独自性」「手間をかけずに、テキストを集めよう」「検索エンジンを運営したがる理由」「SEOで生きている人は企業の・・・を利用」の意味がわかれば脱初心者でしょうか。そして「現状で、効果があって、手間がかからない検索エンジン対策」をいくつも挙げれるようになれば、もう十分でしょうね。

ちなみに、私は共同運営のサイトには、大きくいうと、7つくらいの検索エンジン対策を施します。

具体的には・・・

・相互リンク
・ブログを使って・・・
・その他、諸々(笑)

ちなみに、検索エンジンに登録しまくるということなど、手間がかかる割には、効果がないことはしません。


ちょっと話がズレますが、「1日××万アクセス数」って自慢する人いますが、それって、あまり意味がないんですけどね。パイが大きなゲーム・漫画分野、アダルト、最新ニュース、芸能などだと、その分野で、そこそこ頑張れば、それなりにアクセス数が稼げるんですけどね。ドラクエの攻略サイトなんて作ったら、1日××万アクセス数なんて、普通にあるそうですしね。

結局、大切なのは、「収入」だと思うんですけどね。1日、1アクセス数でも、その1人がめちゃくちゃお金持ちで、いつも何を紹介しても買い物してくれるなんてあれば、それだけで成功ですしね(笑)

情報に振り回されることなく、情報収集をしていく必要がありそうだと思った今日この頃でした。

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27272713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。