2005年10月28日

応用することと利用すること

あまり書きすぎると、第二弾の本や、セミナー(未定)と、かぶるのですが・・・

人気ブログランキング

■応用しましょう!
昔から何度も!?書いてるので、くどいかな〜と思いますが・・・

「Aをしてみたけど、ダメだった!」と怒る人をよく見かけます。
でも、それを「B」ということに応用すれば、ものすごく効果を発揮するということって、よくあります。

ぶっちゃけ、「人とお金が集まるブログ作りの秘伝書(C&R研究所)」の69ページの2つ目の方法のことですよ。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書


あれを読んで、「そんなことしても、読者の質が悪くなるだけで、無意味だよ〜」と思われたかもしれませんが、そんなことないんですよね。「自分のブログのテーマ」と、「登録するカテゴリ」さえ一致させておけば、66ページのところで、69ページの2つ目の方法を使って、アクセスを集めると、結果的には、自分のブログのテーマに合致した集客ができるわけなんですね〜(66ページ経由で)。

実際、私はこの手法を実験して効果がありましたし(ロクな記事がなくても上位にいける)、今、人気ブログランキングで、上位のブログもその手を使っていた時期がありましたしね。
★)この部分を「人とお金が集まるブログ作りの秘伝書(C&R研究所)」でも書いたのですが、編集でカットされてしまいました(笑)。セミナーをすれば、このように編集の時点では、カットされてしまった話も出来ますよ。


まだまだあります。
例えば、主に情報企業家やメルマガ主体の人が使っている「・・・作戦」。

この作戦は、強い立場でないと中々、難しいので、よく皆さん、失敗していますが、弱い立場でも・・・・、やはり、第二弾の本で書きます。あまり書くと、怒られてしまいますので。

要は、「応用すること」が大切なわけです。1つの手法を身につければ、それを色々な方向で応用させると、独自の集客方法ができるかもしれませんよ。


■利用しましょう!
こう書くと汚い奴と思われるかもしれませんが(笑)、何事も「利用」できます。実店舗でも、冷やかし客(買う意思のない客)を利用できるじゃないですか。それと同じです。

ちょっと、ずる賢くなって、「色々な状況を利用する」ことを覚えれば、多少ですが、有利に運べるようになりますよ。

具体的には・・・よく考えると、この辺も、第二弾で書くので、書けないですね。


最近、時間的なものもありますが、本や、セミナー(予定)で、話すことをストックしなければならないので、何も書けなくなってきました。ネタが尽きそうです(笑)。困ったものです。


■どうでもいい話
楽天アフィリエイトは、まともにしていないのですが、ポイントが貯まってきました。そこで、一気に、「プリンター」「高級スイーツ」「ウィルス対策ソフト」「本」を買いました。

でも、あれは、ダメですね〜。金銭感覚が麻痺してしまいます。思わず、楽天アフィリエイト専門のブログを立ち上げようとしてしまいました(笑)。そんな暇があれば、現金収入のアフィリや、別のビジネスを頑張れよと、つっこんで、やめましたけど。

あと、amazonは利率が低いので、ほとんど手をつけていないですが、ブログなどに載せている自分の本がamazon経由で売れて、本を買えるくらいになったので(有難うございます)、本を買ったのですが、あれもダメですね〜。金銭感覚が麻痺します。

これをキッカケに、楽天アフィリエイトに、はまる主婦の気持ちがわかるようになってきました。私はクレジットカードをほとんど使わないのですが(レンタルサーバで使うくらい)、カードを使って破産する人の気持ちも、なんとなくわかってきたような気がします。

経済的にはいいのかもしれませんが、倫理的にどうなんでしょうかね。

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。