2005年11月04日

「脱」中級者を目指して・・・

「脱」中級者を目指して、というより、一気に、六本木ヒルズに住むことを目標にして(笑)、今、実際に行動に移していることの「一部」を。

人気ブログランキング

■人を使うことが成功の第一歩
常に「他人の力を使わずに、自分で動くことが大切。出来るだけ自分で頑張ろう!」と思っていて、実際、部下に仕事を任せずに、自分で動くAさん。一方、常に「1人の力なんて、大したものではない。人をどのように動かすかを考えるべき」と思っていて、しかも人を使うのが上手なBさん(でも自分は動かない)。

AさんとBさん、どちらに上司になってほしいですか?

・・・もちろん、Aさんですよね。Aさんが上司になれば、自ら動いてくれるので、ぶっちゃけ、楽できます。Aさんのようなタイプは、まさに世の中一般的にいう「理想の上司」ではないでしょうかね。一方、Bさんが上司になれば、絶対、こき使われるので、デートもできないので(笑)、もしBさんが上司になったら、反対運動を起こしそうです(笑)。


質問を変えます。

もし、AさんとBさん、同じ仕事を任されれば、どちらが、早く仕事を終わらせると思いますか?

・・・Bさんじゃないでしょうかね。だって、いくらAさんが凄い有能だとしても、Bさんのように、「人を使う=複数人で仕事をする」人には勝てないですからね。個人がいくら強くても、組織には勝てません。

つまり、人には嫌われますが、人を使う人間こそが「組織」を作ることができて、「大きな仕事」をして、「大きなお金」を稼ぐことができるわけです。

アフィリエイトという「仕事」でも同じだと思います(アフィリエイトに限らないですけど)。大きな成果を上げるには、「自分でサイトを作成して・・・」というものから脱却して、「人を使うこと」に目覚めなければならないと常に思っているわけです。


■どのように人を使うべきか?
同じ労力で、同じ月数万円でも、価値が違う場合があります。

・物販で、ひたすらページを作成して、××をして、××を集めて(=SEO対策+α)、月数万円を稼ぐ方法
・情報提供で、長く愛されるサイトを作って、月数万円を稼ぐ方法

上記の2つは、確かに「今」の収入は同じですが、「長い目」で見れば、どうでしょうかね。

物販だと、新しく製品ができて、また新しいサイトを作成して・・・の繰り返しに陥りがちです。まさに「穴が開いている船に乗るようなもの」ですね。一生、働く必要がでてきます。そして、近いうちにノウハウが広がって、稼げなくなるでしょう(アメリカが実際にそうですし、物販メインの達人たちは、最近、益々、厳しくなっていると話しています。みなさんの知っているであろうあの人も・・・)なので、私は物販メインでいくことを薦めませんし、実際、現時点でも、失敗している人を、よく見ます。もっというなら、物販は、参入障壁が低すぎます(誰でも参入できる)。

一方、情報提供だと、追従する競争相手が出ない限り、結構、安泰だったりします。というより、その分野でトップとはいわなくても、上位を取れば、真似されても、後発者は勝てないですからね。・・・というより、ぶっちゃけ、「最上のもの」を作らなくても、××さえ用意すれば、後発者なんて目じゃありません。しかも、このタイプは、作りっぱなしでも、何とかなりますしね(笑)なので、長い目で見れば、非常に有利です。といっても、難点があって、「どのような文章を書いても儲かるわけではない」ということですね。個人的な日記でも儲かる時もありますし、めちゃくちゃ馬鹿みたいな話を書いても儲かる時もあります。逆に役に立つことを書いても儲からない時もあります。単純に文章を集めて、××を用意しても、ダメなわけです。


つまり・・・

1.物販では、人を使ってページを作ってもらうわけではなくて、プログラマーを雇うという方向性がいいのでは?と思っています。プログラマーは、プログラムを書くことは得意ですが、どのように設計すればいいかわからないという場合が多いので、ノウハウが広がっていない今が、チャンスなんですよね。でもリスクを嫌う私は、出来ませんが。だって、本格的なシステムを組もうと思って、プログラマーを雇うと高すぎますしね。ある人を頼りにしているんですけどね(笑)

2.私は情報提供を考えているんですよね。人の心を動かして、自ら稼ぐような文章を書いてもらう仕組みを作るのも手ですが、まだまだ実験が足りないんですよね。なので、ライターを雇ってみようかと。本を書いていたので(今も書いていますが)、長い間、頓挫していますが、再開しようと思っています。こちらは、当面、やっていくことなので、詳しくはかけませんけどね。
※)この長い記事を読んでいる人の中で、ライターに興味がある人がいればメールください。

ちなみに、動き始めていますが、実際、やってみると、結構、苦労しますね。バイトも雇わないと・・・と思いながら、時間だけが過ぎています(笑)


■今は「すべて」ではない
かつては突っ走っていたけど、今は・・・という人、結構います。

なので、私は、今稼いでいる人は、あまり眼中にないんですよね。今、稼いでいる人たちの小手先のテクニックを使ってみたんですけど、1ヶ月も経たないうちに、月10万円のベースアップしました。確かに、今は効果絶大です(誰でも出来るわけではありませんが)。

でも、めちゃくちゃ単純なことなので、絶対、そのうち、広まって稼げなくなると思うんですよね。きっと多くの人が「そんなこと知っていたよ」とか「そんなの人とお金が集まるブログ作りの秘伝書にも書いてあったよ」というかもしれませんが、そこまで威力があるとは認識していないだけですしね。なので、私は敢えて、それを前面に押し出さないんですよね。それよりも、もっと先のことを見た方がいいような気がします。

「今」の成功じゃなくて、「この先数年後」の成功を見越して動いた方がいいのではと。


私のしようと思っていることは、実は、この記事以外にも色々あります。

セミナーも、その一環なんですよね。お金儲けが目的なら、5000円、または1万円で、ノウハウを暴露しませんよ(ぶっちゃけ、発表が好きなだけという噂もありますが(笑))。人との接触が目的です。一度に、多くの人に一方的に話せる機会なんて、そうはありません。飲み会で100人集まっても、100人に話しかけれるわけではありませんしね。

本も、そうなんですよね。印税を計算すればわかると思いますが、労力に比べたら、めちゃくちゃ安いですよ。あの労力があれば、月に10万円稼げるサイトを最低、2つ作ることができますし、そもそも情報商材にして売ると、1000万円くらいは儲けることが出来ます。

自分のなりたい姿や、目標に向かっているからこそ、目先の利益に惑わされずに、やっているわけです。


自分の思い描いた理想像に近づくために「周りに惑わされずに」「計画にそって」「実行していくこと」が大切と思った今日この頃です。

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。