2005年11月04日

続・有料情報と無料情報

引き続き、有料情報と無料情報の話を。

人気ブログランキング

■教育には「時間」を短縮する効果がある
もし、この世から、「教育」がなくなれば、原始時代に逆戻りします。人は言葉ですら話せなくなるでしょう。

つまり、「教育」というものがあるお陰で、人類が数千年の間に培ってきた知識・ノウハウを、わずか20年そこそこで、身につけることができるわけです。そしてそのお陰で、今の便利な世の中があるわけですね。

つまり、教育って「時間を短縮して進歩させる効果」があるわけです。


■でも、教育には「教える人の問題」がある
私、めちゃくちゃ苦手な教科がありました。
これじゃダメだと思って、少しは頑張って勉強したんですけど、いくら勉強しても、ダメだったんですよね。なので、現役時代、大学入試は失敗したのですが・・・

浪人時代、予備校の講師に教わって、一気に世界が変わりました。高校で学習した3年間は何だったんだよ!って思うくらい、苦手な教科が、一気に得意になったんですよね。

・・・予備校の宣伝をしているわけではありませんよ(笑)

要は、教育は「時間を短縮して進歩させるもの」ですが、「誰に教わるのか」が重要なわけです。私の場合は、高校の先生はハズレで、予備校の講師が当たりだったわけです。


■アフィリエイトなどの「情報」も同じ
「教育」って「情報を与える」行為そのものじゃないですか。つまり、アフィリエイトなどの無料情報・有料情報も教育と同じなんですよね。つまり、情報は「時間を短縮して進歩させる効果」がありますが、「誰の情報を信じるのか」で大きく「差」が出てくるわけです。

たとえば、情報商材。

ほとんどが、「ハズレ」です。
また、一見、役に立ちそうに見えても、ビジネス書からのパクリ・流用で、「役に立つと錯覚させている」だけなんですよね。

というのも、怪しいページを作って、高額な商材を売りつける人って、大抵、儲けていないので、実際に使える方法を書けないんですよね。正確に書くと、実際は儲けていますが、騙されやすい人を捕まえて、高額な情報商材を売りつけて儲けているだけなんですよね。

つまり、今の情報商材の多くは(すべてではありませんよ)、情報商材が悪いのではなくて、「教える人間」がダメなだけなんですね。


かといって、無料情報や、実際に儲けている人が素晴らしいわけではありませんよ。

無料情報は有料情報以上に、偽者が多いですし、無料では、「このサイトのここがよくて儲かった」などのストレートに書かないので(当たり前ですが)、情報の取捨選択が難しいんですよね。たとえば、「青っぽいデザインをしている、あのブログ!めちゃくちゃ腹が立つ!」なんて書かれると、実は、書き手は、私のブログのことをいっているわけではなくても、私、ドキッとします(笑)つまり、抽象的に書くと、わかりにくいんですよね。

いつも、このブログを読んでいる人、絶対、「もっと具体的に教えろ!」なんて思っているでしょうね(笑)

また、みなさんが知っている以上に、裏には荒稼ぎしている人達がいます。でも、教える気0じゃないですか(笑)。有名なサイトに限って、稼ぐノウハウを見たことがありません。稼いでいて、教える気があっても、何故成功したのか、わからない人もいます。更新していたら、メガヒットサイトになっちゃったよ・・・なんてノリで(笑)

つまり、時間を短縮して、効率的に稼ぐには、予備校でいい講師を探すのと同じで、「自分にとってメリットがありそうな情報源」を探すことではないでしょうかね。たとえ、それが有料であっても、無料であっても。

ちなみに、私は、情報収集という面で、劣っていたので、効率が悪かったので、こういった記事が多いんですよね。実際、月収20万円くらいの時は、アフィリエイト本の存在すら知りませんでしたしね(笑)

無料・有料を問わずに、良質な場所で、情報収集をしてから、トライ&エラーを繰り返していと効率的ですよ。

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27272272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。