2005年11月02日

有料情報と無料情報

「有料情報」と「無料情報」との「差」って、どうなんですかね?

実際に会ってみたり、メールで話を聞いたり、色々な「ツテ」で聞いた「生」の話を交えて、考えてみました。

※)アフィリエイトで資産サイト構築ブログさんと、女のアフィリエイト道さんが同系統の記事にされていたので、別の切り口で書いてみました。

人気ブログランキング

■有料情報とは?
有料情報って以下のものでしょうかね。

・書籍
・情報商材
・セミナー


■書籍
たとえば、某スーパーな人が書いている本の代金って、大体、1200円くらいですよね。アフィリエイトで本の元をとるには、月100円(1年)でも成果が上がればいいわけですよね。色々な本が出ていますが、月100円も回収できない本ってありますか?

確かに、ライターが成功者にインタビューしただけの本や、ノウハウが全くない本だと、月100円でも無理ですが、「本当に稼いでいる人」の本なら、色々なヒントが入っていますよ。中には、時代遅れの手法もありますが。

ただ、問題点もあります。それは「どの部分が重要なのかわからない」ということですね。

メルマガにも書きましたけど、「アフィリエイトで成功する100個の方法」があったとしても、このうち、本当に重要なノウハウは、数個だけなんですよね。あとのノウハウは、「それをすれば、月100円は上がるけどね〜」というレベルのものなのです。
※)「人とお金が集まるブログ作りの秘伝書」にある7割くらいは「基礎」なので、この本のことを「基本的」と思えるレベルになった後の話ですよ。サイトで成功しようと思えば、集客方法、構成力、文章力、アフィリエイトの基礎が必要です。

ぶっちゃけ、現状では、××を工面して、××を考えるだけで、あとは、業者比較でもやっていれば儲かるんですよね。ムーバルタイプを使う必要もありませんし、綺麗なデザインにする必要もありません。確かに綺麗なデザインにした方が有利なんですけどね(Yahooの登録とか)。

つまり、書籍には色々なヒントが散りばめられていますが、それを見つけるには、「何が重要なのかを見抜く力」が必要なわけです。ほとんどの人が稼いでいないそうなので、だからこそ、そのヒントを見抜けずに、書籍は役に立たないという話が出るのでしょうね。

ちなみに、アピールですが、セミナーでは、「大切な部分」しか話さないので、2、3時間くらいのセミナーを聞いて「実践」するだけで、最短距離で上達できますよ。5000円のやつだと1年間、月500円の底上げ、1万円のやつだと1年で月1000円の底上げ・・・余裕ですね(笑)


■情報商材
これが曲者なんですよね。マジで、99%使えません。というのも、以下のような流れが出来ているためです。

・大したノウハウを持っていないのに(ここがそもそも問題)、高額の情報商材を販売
・アメリカの詐欺商材の販売手法の真似しているので売れる
・売れれば、「数千万円稼いだ方法」と語り、ますます売りさばく
※)この時、「情報商材で儲ける方法」という風に書いている人は、良心的ですが、多くの人はそう書いていませんでした。まさに詐欺スレスレです。

・情報商材を買った人が、1番始めに、はじめた人の真似をする
・2番手が書いたノウハウは、1番始めに書いた人の猿真似なので、更に内容のないものに仕上がる

・・・これが3番手、4番手と繰り返されていくので、もはや、「情報商材=詐欺」となったわけですね。

実際、色々な話を聞きますが、買ってみて最悪だったという意見が大半を占めます。

「好きなものを書いて儲けよう!」「身の回りにあるものをテーマにすればOK!」「こうすれば色々テーマが浮かんでくる!」って?はぁ?

好きなことを書いたり、身の回りにあることを書いたりして儲かるなら、全員、儲かっているんだよ!色々、儲かるテーマが浮かぶなら、人を雇って儲けてみろ!(マジャマジャ風にしてみただけです(笑)怒っているわけではありません)

でも、中には、本当に稼げるノウハウを書いているものもあります。実際、私はツテで、ある商材の1部の内容を聞いたのですが(無料)、それで月5万円アップしました。

まさに、情報商材は、「参加料3万円、ただしハズレが非常に多い(99%ハズレ)」という「宝探し」と同じですね。100万円もあれば、いつか宝を掘り出せますよ(笑)


■セミナー
これも曲者です。本当に儲けている人のセミナーもありますし、セミナーやそれに近いことで儲けているのに、セミナーでは何故そのことを話すの?っていう「偽者」も混じっています。ただ、情報商材よりも、ハズレを引く可能性は低いと思います。ある程度、有名じゃないと、セミナーができなくて、情報商材よりも敷居が高いからです。

ちなみに、本当に儲けている人のセミナー内容を、実際に本人に会って、聞いてみました。実は、別経路でネタは知っていましたが、「お金を払う価値がある」と思いましたね。実際、この人の手法で、ほんの少しだけ有名になった人とも会いましたしね。


■無料情報
色々な無料情報も見てきました。
でも、これこそ、「偽者」も多いので、一番、「どのサイトが書いてあることが、真実なのか」見抜けないんですよね。仮に見抜けたとしても、「どのサイトにある方法が自分にあっているのか」わからないんですよね。

・ASPの紹介だけで月50万円稼いでいる人もいます。
・出会い系で月100万円越えしている人もいます。
・まっとうなことだけをやって、月30万円の人もいます。
・専門サイトを作って月30万円の人もいます。
・プログラムを書いて、月30万円の人もいます。
・SEOで、月40万円稼いでいる人もいます。
・ひたすらページを作成して月100万円を稼いでいる人もいます。
・中には、スパムをやって、儲けている人もいます。
・情報商材で儲けている人もいます。
・あるキーワードで上位表示しているだけで儲けている人もいます。

・・・詳しくはセミナーで話しますけど、ほんと、色々なタイプがいます。もし出会い・アダルトNGなのに、出会いやアダルトの達人のブログをずっと読み続けていても無意味ですよね

しかも、ここにも「偽者」がいるので、余計にややこしいんですよね。本当に稼いでいる人の数倍、偽者がいます。多分。

また、本当に稼いでいる人の中で、始めは情報を公開していたけど、めんどくさくなって、やめる人も多いです。だって、この系統で頑張っても、所詮、月数万円ですしね。1位になれば、そこそこいきますが、競争が激しいですし、いちいち記事を書かないといけないのが、非常に面倒ですしね。また情報は有限なので、いつまでも続けることができないですしね。

それよりも、本業のページを作成した方が儲かります。

私も最近、無料でやっていくには疲れました・・・・


■結論
個人的には、無料だからダメ、有料だからダメというものはないと思っています。

どれにも「リスク」はつきものです。

ただ、無料では「遠まわし」に、有料なら「直球に」というパターンが多いですね。それもそのはずで、無料で有益なことを書いている人に限って、記事にほとんど広告がないので儲からないのに、儲かるサイトを公開して、パクられることはしないわけです。

文章から、確実に稼いでいるだろうと判断できる人に限って、儲け元を公開していません。

初心者だけがブログを読んでいるわけではありませんからね。初心者ほど、そのままパクろうとしますが、中・上級者は別の重要なところだけをパクりますしね。

というわけで、今、私が注目しているのは、「基本的に広告のない記事」を書いているブログですね。そういったブログは別経路で儲けているので、紹介料が、500円くらいの、ASPの記事を書くのが面倒だと思うんですよね。実際、私も面倒ですし。出来るとしても、一覧表を使いまわすことくらいですかね(笑)

あと、新着のASPは、ある意味、個人情報を売るだけの、マネーゲームですしね(このような儲け方もOKですが)。マネーゲームに興味がない人は、有名どころだけで十分です。


■最後に・・・
確かなのは、私の本やセミナーを聞けば、「今年の1月から本格的にネットを始めたのですが、月収20万円から月収60万円に変えた手法」が身につきますよ。めちゃくちゃ、まっとうな分野で。しかも、収入は右から上がりですしね。ジワジワですけど。

最後に、アピールしておきました(笑)

ちなみに、私の儲け方(手法)は、セミナーで話しますが、実際にどのサイトで稼いでいるのか、何故稼げるのかは、多分、一生、書かない気がします。書くとしても、月額60万円×3年=2160万円儲からないとね(笑)

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27272269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。