2006年05月27日

会社設立につき、わからないことだらけだ・・・

今、会社設立手続き中なのですが、よく考えると、税金抜きの会計処理は出来ますが、経費として入れては、まずいものとかの区別や、健康保険などの計算って、どこに、どうやって書けばいいのかわからないんですよね・・・・

こんな状態で、会社を経営していけるのでしょうか・・・

というより、誰に聞けばいいのか、どの書籍を読めばいいのかすらも、わかっていません・・・新会社法が施行されたばかりなので、ノウハウ本も少ないでしょうしね・・・

そもそも、何故、会社を設立したのかというと・・・

人気ブログランキング

ズバリ、「余剰資金を元手に資産運用」をしようと思っているためです。

何故、資産運用するときに法人化は有利なのかというと・・・

■1.損失が出れば利益と相殺できます。
個人で投資をした際、たとえば、ネットで1000万円儲けて、株で500万円損しても、税金は1000万円分かかりますが、法人化すると500万円分で済みます。つまり、法人化すれば「損すれば、その額の半分くらいは国が負担してくれる」わけです。投資って、絶対成功するものではありませんしね。

■2.たとえば不動産投資のために借金をする場合、支払利息が利益と相殺できます。
個人で、家を購入するとき、住宅ローンが5%なら、法人の場合は実質、5%×(1−法人税率)になります。つまり、たとえば、法人税率が40パーセントなら、支払利息3%で済みます。なので、会社名義で家や車を買う経営者が多いんですよね。
※)今、ゼロ金利解除で、住宅ローンの利子も増加する可能性が大になっているので、益々、法人化した方が有利ですよね。

■3.資産の減価償却費のタックスシールド効果
個人で、不動産投資しても、確か、ネット収入などど合算できなくなったと記憶しています(間違えていれば、ごめんなさい)。法人化すれば、不動産投資で得た資産の減価償却費を損金として算入できるので、その分、タックスシールドになります。

■4.自分の気持ちの問題
個人なら、収入が上がれば、「このお金、資産運用につぎ込んで失敗したら、もったいないから、貯金しよう」とかになりますが、法人なら、自分の報酬は一定なので、余剰金が出れば、何が何でも、資産運用に回すと思いますしね。

※)ちなみに、実は法人化にも、デメリットもあって、たとえば、FXで大儲けした場合は、個人で「くりっく365」で取引をしている方が所得税の税率が低くなります。詳しくは「くりっく365とは?非取引所取引とは?」にて。

・・・などなど、パッと考えただけでも、これだけあります。

ただ、こういうメリットは思いついても、法人化後の「実務」がわからないんですよね・・・

たとえば「こういう手続きをした方がいいよ」とか、「バイトを雇ったら、どういう事務処理が必要だ」とか・・・

一番、手っ取り早いのは税理士と社労士に話を聞くことですが、財務諸表くらい自分で作れますし、社労士にお金を払うのはどうも・・・と思ってしまうんですよね。税理士を使わないと、税務署ににらまれるそうですが。もっとも、既に、税務署に、にらまれそうですが(笑)
※)詳しくは、mixiに書いています。

いずれにしても、6月中には、会社が出来ると思います。ちなみに、会社の名前は「株式会社HMB」です。会社名には、意味はありません。かなり適当なネーミングです(笑)。資本金は、なんと破格の1万円(笑)

■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

posted by pugu21 at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27266108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。