2006年09月15日

「小手先」のことは最小限に!

「コミュニティ系」は「稼ぎにくい」ことで有名なんですよ。というわけで、「コミュニティ系」である「mixi」は、当初、「儲からない」なんて言われていたそうですが・・・

応援お願いします。
人気ブログランキング

でも、結局、上場して、社長は「超」お金持ちになりましたよね。
※)株を売れば大金持ちです。

あと「You tube」も、はじまりは「友達に動画を見せるため」だったそうなんですが、今では全世界に広がるほど影響力があるじゃないですか。

つまり、いずれの場合も、「お金儲け」じゃなくて「人の役に立つもの」「人のニーズをとらえるもの」がスタートだったんですよ。だからこそ、人が集まって「自然に」お金が儲かったと思うんですよね。
※)人が集まるところにお金が生まれます。

ここでアフィリエイトのことを思い出していただきたいのですが・・・

アフィリエイトといえば、アフィリエイト・リンクしかないサイトや、商品の体験談を入れたショッピングサイトを作りがちですよね。そして、SEOで上位表示を目指すという流れでしょうか。

もちろん、私もそれをやっていますし、そういうものもいいんですけど、そういう「小手先」のものだと、必ず稼げなくなるときが来ます。実際、大もうけしていたけど、稼げなくなった人、色々見ていますし、検索エンジンは厳しくなっていますしね。あとPPCが流行していますが、アフィリエイトを締め出す動きがあるので、そのうち、通用しなくなるんじゃないでしょうか(PPCを、やるとすればドロップシッピングでしょうね)。

つまり、結局は、「人の役に立つもの」を作成していった方が、結果として稼げると思うんですね。というわけで、私は「稼ぐためのもの」「人の役に立つもの=将来を見越して作成しているもの」を明確に区別しています。

・・・といっても、私自身、「稼ぐためのもの」からの収入の方が圧倒的に多いので、まだまだ説得力がないので、今回の書籍化の件で「将来を見越して作成しているもの」から大きな収益を出して説得力をつけたいな〜なんて思っています。

ちなみに、「すべきこと」が多すぎて、結局、逃避してしまう今日この頃です。
そして、「きちんと計画を立てないといけないな〜」と思う今日この頃です。

あと、どうでもいい話ですが、最近、株系のサイトのアクセス数が落ちているな〜なんて思っていたら、以下の有名サイトもアクセス数がかなり落ちていますね。たまに見ていた頃は、1日15000アクセス数とかあった記憶があったんですけどね。やはり、株価が下がる局面なので、株系のパイが小さくなっているんでしょうね。あと、私はキャッシングは、ほとんどしていないですが、キャッシングも法規制が厳しくなるので、報酬は激減していくでしょうね。
ttp://www2.ocn.ne.jp/~evant/index.html


■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。