2006年09月15日

「書籍化」が決まりました!

「ブログの書籍」を2冊出していて、現在「ネット収入関連の書籍」を1冊執筆中ですが・・・

運営する「定番サイト」の1つが書籍化されることになりました!
※)ネット収入とは全く違う分野のサイトです。

今執筆している書籍が終われば、次は、その書籍に・・・というパターンになりそうなので、今年の後半は、まさに「ライター業」になりそうですね。

というより、ライター業は印税でウハウハというイメージを持っていましたが・・・

応援お願いします。
人気ブログランキング

ほんと、儲からないんですよ。具体的な数字を使ってみると、ビックリしますよ。

1.定価1000円
2.印税率:10%
※)有名人はもっと貰っているかもしれませんが、普通の人には10%が「max」のようです。
3.1万部でもヒットと言われているので、部数は1万部。
※)書棚を見ると、ずっと置いてある書籍って少ないですよね。つまり、1年で1万部、売れても、翌年は1万部にはならないようです。

・・・これで、100万円ですよね。つまり1冊の本の「対価」は100万円というわけです。

というわけで、1ヶ月に1冊本を出せれば、年収1200万円ですが、普通は執筆に3ヶ月はかかると思いますしね。つまり、1年で4冊が限度でしょうね(というより、よほどヒットメーカーや有名人じゃないと、そもそも執筆依頼は来なくて、本を出す機会がないと思いますし)。

というわけで、出した4冊がヒットしても、年収400万円しか印税収入がないんですよ。もし初版で終われば、年収200万円とかもあり得るわけです(初版もさばけない場合が大半だそうです)。専業ライターだと、サラリーマンとは違って「明日の仕事」は保障されないので、これだと辛いですよね。

・・・そういう状況なのに、何故、私は本を出し続けようとしているのか。

その答えは「書籍化の先にあるもの」が欲しいからなんですね。この辺の話は成功したら、色々書こうかと。

いずれにしても、全く出版会社とは縁もコネもなかった私が色々できるようになったので、もし書籍化を狙っている人がいれば、今はまさに「チャンス」ですよ。


■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27254295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。