2006年09月06日

再び、書籍化(ほぼ決定)

今日は、3社の出版会社をまわってきましたが、うち1社には、かなり気に入ってもらえたようで、ほぼ書籍化が決定したといえる状況になりました。ネット収入「以外」の分野という「新しい分野への進出」なので、ちょっと嬉しかったりします。といっても、私がメインでなくて、嫁さんがメインの本なんですけどね。

ところで、この3社の編集者と話をしていて「面白いこと」に気が付きました。

応援お願いします。
人気ブログランキング

何かというと「市場シェア」と「書籍のつくり・編集者の考え(一般の世界だと「商品のつくり・開発担当者の考え」というところでしょうか)」が、ほんと、連動していたんですよね。

<A社>
・市場シェア:高(棚に対する力は強い)
・書籍のつくり・編集者の考え:保守的、会社の意向が入りまくった「ガチガチ」の書籍は連発するけど、リスクが高いものには腰がひける
※)No.1は「無難なこと」でも、そこそこ儲かるので、危険なことはしないということですかね。

<B社>
・市場シェア:中(棚に対する力は中くらい)
・書籍のつくり・編集者の考え:新しい試みもしようとしている=リスクが高いものにも手を出すかも!?
※)No.1に追いつくためには危険なこともしないといけないということですかね。

<C社>
・市場シェア:中〜低(棚に対する力は中〜低くらい)
・書籍のつくり・編集者の考え:ジックリ1冊を作っていく感じ(最近の出版は、C社とは対象的に「下手な鉄砲数うちゃ当たる」傾向だそうです)
※)資金力がないので、失敗すると痛い目にあうので慎重になっているんですかね。

私の勤めていた会社も、市場シェアがダントツにNo.1なためか「保守的、ガチガチの商品、リスクが高いことはしない」でした。やはり、シェアと社内の方針って連動しているんですね〜

というわけで、たった3社だったんですが、見事に理論通りの傾向が出ていて面白かったです。


■ところで、何故、得意の分野(ネット収入)以外にも、手を出そうとしているのか!?
アフィリエイトって、たとえば1件の報酬が2000円だったのが、ある日、いきなり200円になる世界なんですよね。
※)もしこの商材に売上げの大半を依存していれば、いきなり、収入が10分の1に落ちるということですね。

つまり、アフィリエイトは楽に稼げる分、他の要因に左右されてしまうので、アフィリエイトだけに頼るのは非常に危険なんですよね。

なので、こうやって色々な分野に手を広げていって「収入の分散化」を目指そうと思っているわけです。しかもインターネットの世界だと、「方法」さえ知っていれば、「実績のない分野での書籍化」も可能なんですよ(今回のことで確信しました)。

・・・どういう方法なのかって?

それは次回のC&R研究所から出る予定の「ネットで稼ぐ系」の書籍にて(笑)

ちなみに、これまた、どうでもいい話ですが、この次に書籍化を狙っているのは「娯楽系」なんですよね。私の運営する娯楽系のサイトは、めちゃくちゃ精読率が高くて、20ページくらいしかないサイトなんですけど、平均すると1日あたり1人10ページ読んでいる計算になるんですよね。でも、本にするだけのネタ(ページ数)がないので、これから本にできるだけの量にするために、サイトを改造しようかと思っています。といっても、これは、完全に「趣味」ですけどね。


■月 140 万円稼ぐ「秘訣」

「無職」「文字入力しか出来ないパソコン知識0」だったのに、インターネットで稼ぐ「コツ」をつかんだら・・・

1.有名雑誌の「FLASH(光文社)」に2度も取材される!(参考:取材1取材2
2.セミナーのDVDが「TSUTAYA」でレンタル開始(参考:レンタル開始
3.2冊の本を出版!そして本を出し続ける!
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
4.月収 140 万円(2006年1〜5月の平均)

・・・という感じになってしまいました。その「コツ」を無料メールマガジンで暴露。登録も解除も無料!
無料メールマガジンの詳細

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。